インフォメーション

園庭の梅の木にたくさんの梅がなったので、梅シロップをつくりました

2017/05/31

  • image
  • image
  • image
  • image

今年も、園庭の梅の木に、たくさんの梅の実が実りました。

梅はこのままでは食べられませんね。氷砂糖で梅シロップつくりをしましよう。

はやく飲めたらいいなぁ~。 暑い夏に冷えた梅ジュースをいただきましょうね。

アントニオ園庭の恵みに感謝して。

第一回カリタスクラス ③

2017/05/26

  • image
  • image
  • image

A(年長)さんみんなで、たくさん切ることができました。

ココットに盛り付けて、シロップをかけて、トライフルのできあがり。

お昼の時間にいただきましょう。

年少さん、年中さんのためにも作ってあげましょうね。

第一回カリタスクラス ②

2017/05/26

  • image
  • image
  • image
  • image
  • image

今日は、触感の違う3種類の食材を切ってみましょう。

皮の部分が少し硬いリンゴ。やわらかな長崎カステラ。そして、包丁の刃に付いてしまうバナナ。

それぞれに子どもの興味点が異なります。

まずは、先生がお手本を提示します。みんな真剣な眼差しで見つめていますね。

では、3つのグループに分かれて実際に切ってみましょう。

今年度、第1回目のカリタスクラスを行いました。①

2017/05/26

  • image
  • image
  • image
  • image

東京世田谷の姉妹園 みょうじょう幼稚園の教頭先生をお迎えして、今年度もカリタスクラスを行います。先生が、自園で実践されている「調理活動を通してのモンテッソーリ総合教育」の場であるカリタスクラスを、聖アントニオ幼稚園バージョンで行います。

 第1回目は、「包丁で切る」ことを身に付けましょう。 自分で切ることが出来れば、いろいろな調理活動をすることが可能となります。

 まずは、道具とその使い方の紹介をしていただきました。

月に1回、防災訓練をしています

2017/05/22

  • image
  • image

今月は、給湯室から出火したことを想定しての避難訓練でした。

上履きで、お外に出ることに躊躇していた年少さんも、訓練の意味が分かって大急ぎで駆け出しました。 備えあれば憂いなし。 様々な防災訓練を実施していきます。

天使組‐園庭開放‐ プラス梅シロップ作り いらしてください 

2017/05/22

  • image

天使組では、10:00に登園してから、教室で教具や教材で「おしごと」する人、お庭の遊具で思いっきり遊ぶ人。自由に選んで時間を過ごした後に、「お集まり」をします。

6月はお集りの時間に、「梅シロップを作って、おいしいかき氷を食べよう♪」という企画を準備しています。

今年も園庭の木のおうちの横の梅の木に、たくさんの実が付いています。

摘みたての梅の実を氷砂糖に漬け込み、梅シロップつくりを一緒に楽しんでみましょう。

できたシロップを使って、かき氷パーティーも計画しています。

お友達をお誘いあわせの上、お越しください。

 6月8日 (木) 梅シロップ作り

 6月22日 (木)かき氷パーティー

  15日、29日は通常のお集まりをします。

5月のセイハ英語教室

2017/05/22

  • image
  • image
  • image

今年も、セイハの英語講師による「英語で遊ぼう!」の時間をもっています。

始めは緊張気味の子どもたちも、時間がたつにつれ、楽しむ余裕が生まれ、最後はノリノリで。

畑にサツマイモの苗を植えました

2017/05/21

  • image

聖アントニオ幼稚園の広い畑の真中に、全園児で、サツマイモの苗を植えました。

植えた当初はしなっていた苗も、立派に立ち上がり成長し始めました。

秋の収穫まで、みんなで観察していきましょう。

干拓の里にみんなで遠足に行ってきました

2017/05/19

  • image
  • image

澄み渡った青空のもと、諫早の干拓の里に遠足に行きました。

アントニオ幼稚園の園庭も広いですが、もっと広い干拓の里で、思いっきり体を動かし運動しました。

週3回、配膳型の給食が始まりました。

2017/05/08

  • image
  • image

幼児教育にとって、「食」は、大切な「教育」の一つ。

単に、「栄養を取る」だけでなく、「どのように食べるか」が、とても大切です。

聖アントニオ幼稚園では、2017年度から、(株)gooと検討を重ねて、「お弁当箱配布型」ではなく、手間と時間がかかっても、園児のお当番さんが関わる「配膳型給食」の形態にこだわって昼食を提供することにいたしました。

そのため、食器も質感のある「強化磁器」を準備しました。

早速、年長さんが「盛り付け係」「配膳係」となり、木のランチルームに集ったみんなに、準備をしました。今は、始まったばかりだけれど、1年経ったころには、みな「達人」になっていることでしょうね。

社を上げて、面倒な「アントニオ食育プロジェクト」に取り組んでくださったgoo社のお料理は、どれもお世辞抜きに「おいしい」です。アレルギー対応も万全なのはありがたいです。