インフォメーション

麦の製粉

2020/06/03

  • image
  • image
  • image
  • image
  • image
刈り取った麦を脱穀し、御影石の曳き臼で曳いて全粒粉にします。
ファミリーデーで、ピザを作る時に使いましょう!
アントニオ産全粒粉の出来上がり!!!

麦の収穫

2020/06/02

  • image
  • image
  • image
  • image
去年の秋に種まきした麦が、豊かに実りました。
さぁ、今日は収穫です。
鎌を麦の根元に付けて、エイ!。
一束づつ、刈り取っていきます。
この麦の束、どうするのかな?

梅の収穫からシロップ漬け

2020/05/26

  • image
  • image
  • image
  • image
  • image
  • image
  • image
  • image
  • image
園庭の梅の樹に、今年も大粒のたくさんの梅がなりました。
先生が樹に登り、子どもたちは樹の下で風呂敷を広げてキャッチ!
梅はヘタを取り除き、氷砂糖を入れて、
今年もおいしいシロップが出来るでしょう。
暑い夏の日に、プールサイドで、かき氷にかけて、みんなでいただきましょう。

第一回カリタスクラス 

2020/05/26

  • image
  • image
  • image
  • image
  • image

今日は、触感の違う3種類の食材を切ってみましょう。

皮の部分が少し硬いリンゴ。やわらかな長崎カステラ。そして、包丁の刃に付いてしまうバナナ。

それぞれに子どもの興味点が異なります。

まずは、先生がお手本を提示します。みんな真剣な眼差しで見つめていますね。

では、3つのグループに分かれて実際に切ってみましょう。

今年度、第1回目のカリタスクラスを行いました。①

2020/05/26

  • image
  • image
  • image

東京の姉妹園先生をの先生をお迎えして、今年度もカリタスクラスを行います。先生が、自園で実践されている「調理活動を通してのモンテッソーリ総合教育」の場であるカリタスクラスを、聖アントニオ幼稚園バージョンで行います。

 第1回目は、「包丁で切る」ことを身に付けましょう。 自分で切ることが出来れば、いろいろな調理活動をすることが可能となります。

 まずは、道具とその使い方の紹介をしていただきました。

アントニオ・ファームにサツマイモの苗を植えました

2020/05/20

  • image
  • image
  • image
  • image
  • image
  • image
先生方が準備した畝に、子どもたちが総出でサツマイモの苗を植えました。
安納芋、金時芋、紅はるか、全部で180株。豊作でありますように。

こやぎクラス(2歳児クラス)と子育て支援:親子ひろばエンジェルが今週から始まります

2020/05/09

お待たせいたしました!
いよいよ こやぎクラス(2歳児クラス)が、5月12日より始まります。既に登録されている方が対象です。新たに登録希望の方は、子育て支援:エンジェル(木曜日)にいらしてください。その際に、詳しく説明させていただきます。

子育て支援:親子ひろばエンジェル(モンテッソーリ体験+園庭開放)は、5月14日(木曜日)午前10:00から始まります。予約不要、会費不要です。どうぞ、いらしてみてください。

聖アントニオ幼稚園は5月11日(月)より通常保育を再開いたします

2020/05/09

  • image
園児の皆さんには、長いGWとなっておりましたが、長崎市の指導に従い、11日より通常保育を再開します。
教職員はこの間、教材づくりや環境整備、園の畑の準備(サツマイモの苗を植えるための)をして、園児が元気に登園する日を待ってきました。
もしかすると、年少さんは、母子分離の難しさが再現されることになるかもしれません。ゆったりとした気持ちで受けとめて、進んでまいりましょう。

園庭の大樹の根元には・・・

2020/04/16

  • image
  • image
  • image
自然豊かな聖アントニオのグランド。クスノキの大樹の根元を掘ってみると、たくさんの幼虫が、夏を待って育っていました。幾匹かは、飼育ケースに入れて、みんなで観察しながら育ててみましょう。

春の盛り

2020/04/15

  • image
今、園庭は花盛り。
今年は、桜とつつじと藤が、同時に咲き始めました。
のどかな春の日差しの中で、チューリップや野花が咲き競っています。
当園は、今のところ例年と変わりない通常保育を行えていますが、都市部の園で、苦難の中で子どもたちの為に日々を過ごしておられる保育者の方々がおられることを想い、新型コロナ感染が早く終息してくれるよう祈るばかりです。